2008/06/29

またかよ(;´Д`)月間

6月終了。

サブプライムというか、米住宅価格の下落が続くことから米景気後退懸念で世界中でまたまた雪崩発生。
米景気後退懸念って・・・いまどき「懸念」なんて思ってる人いるの?みんなもうリセッション中だと認識してると思うけど・・・。

というわけで、先月冬眠から覚めて恐る恐る穴から這い出した私ですが、首出した途端に待ち構えてた鬼にキレイに首刈られますた・・・_| ̄|...○ コロコロ

今回はNY、中国が酷い。おかげさまで中国株オンリーの自分の投資収支は100万くらい減少。
さらにドル高で嵩上げされてる分も考えると、気分的には投資収支は400万切った気分。

それにしてもこの分だとハンセン指数が15000位になったら今までの利益が全部吹っ飛ぶ勢いだ。果たして利益が吹っ飛ぶのが先か反転するのが先か・・・。
それに対して日本はがんばっています。日本株をガマンでホールドされていたバリュー投資家の方、おめでとう御座いました!クラッカー

でもNYダウ11000近辺は、個人的には4~5年寝かせられる資金を持っている人はもうフルポジしてもいい水準だと思う。ボラ見てても何か終盤っぽい動きしてるし。


それはさておき、ここ2週間ほど最も興奮してるのが1688アリババドットコム。
「これはいい会社」と以前から思いつつも、PER100倍はありえないので眼中無かったのですが、最近の大雪崩で10.9HKDときわどい株価に。

とは言っても未だPER50倍。PER50倍とは、ざっくりですが利益が今の4倍になることを既に市場は織り込み済みな訳で、まだ割高には間違いない。最低でもPER30台にはならないと。

しかしこの株は、10年前のヤフーのように結局ファアバリューにならないまま反転し、そのままテンバガー化する可能性を多分に含んだ株。そう思ってるので、毎日固唾を飲んで株価を見守っています。

目標の8.3HKD以下まで降りてきたらゲートが開いた馬のごとく買い捲ったる!それまではガマンガマン。。。(>Д<)
買ってない銘柄の株価の上下でこんなにストレスを感じるのは初めてです。



試しに参加してみた(´ー`)。このブログは何位かな?
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

2008/06/24

おもしろゲーム

私はゲームに関して結構詳しいです(←ゲームおたく)。
私とゲームとの出会いは小1の時。

当時はインベーダーブームで、私はゲームセンターに入り浸って何度も
”補導→親呼び出し”
を食らったほど入れ込んでました。(当時のゲーセンは不良の溜り場だったので)
その後もいろいろなゲームをやってきて今に至りますが、それだけ長年やってればいくらアホな自分でも「面白いゲームとは何か」が分かってきます。

面白いゲームとは・・・それは「ルールが単純かつ奥が深い」ゲームなのです。

こう考えると、いわゆるテレビゲームよりも、囲碁、将棋、マージャンのほうが優れたゲームであるといえます。
現代のテレビゲームは覚えるルールが多い割には、展開が少なくてすぐ飽きる。
それに比べ囲碁、将棋、マージャンはルールは多少複雑だけど無限とも言える展開が楽しめ、ちょっとやそっとじゃ飽きることがありません。

ところが、その囲碁、将棋、マージャンを遥かに凌駕するゲームがあります。
それはもちろん、、、株!
株や相場は究極的には「売る」か「買う」しかないルールのシンプルさながら、底なしに奥が深い!
この全プレイヤーが全能力を出し切って戦うガチンコ勝負、面白すぎる。
そして楽しみつつ世の中の役にも立つというオマケつき(´ ▽`)。

この面白さを見出してから、私は一切他のゲームをしなくなってしまいました。
そして、未だ飽きる気配さえありません。

バフェットやQさん等も50年以上やってるはずなのに、発言を聞いているとまったく飽きている様子はありません。むしろさらに面白くなっているんじゃないかとさえ感じます。

私も儲かっても損しても、50年後でも、生きてる限りやっていることでしょう。



試しに参加してみた(´ー`)。このブログは何位かな?
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

2008/06/21

来年の就職活動してる人いる?

毎年この時期になると研修を終えた新人さんが配属になってくる。
それで「何でこの仕事を選んだの?」と聞いてみると「なんとなく・・・」とか「労働条件とか・・・」という返事が(@_@)。面接ではきっとそれっぽい理由を熱く語ったろうに(笑)
まー本音なんてこんなもんでしょう。
これだとほどなく幸せなリーマン生活を感じられなくなるだろうから、3年で辞める方が多いのも納得。

リーマン研究家(笑)である自分が考える幸せなリーマンになれるための条件は3つある。

��つ目は「会社の成長=自分の資産増大」が成り立つ場合。
ゴールドマンの1回の社員ボーナス平均7000万みたいに、儲かったらその分きっちり従業員に還元してくれる外資系で働くか、ストックオプションで社員に会社の成長メリットをダイレクトに還元しようとする会社で働くこと。
その代わりこういう会社はすぐクビになるけど、若いうちならこれはかなりやる気出る。

��つ目は「仕事が趣味」の場合。例えば自分は飛行機好きですけど、もしパイロットとかになれたら仕事が遊びみたいなもんだから全然苦にならないと思います。このように「この仕事ならお金もらわなくてもOK(≧▽≦)!」と思える仕事なら、別に給料なんて少なくても充実した時間を送れます。

��つ目は「自分がその組織にブランド価値を見出している場合」。例えばティファニー好きの人がティファニーで働けたら、それだけで大きな心の満足を得られると思います。


この3つの条件のうち1つでも満たしていれば、それなりに幸せなリーマンになれると思うけど、就職活動をするときは最低2つは満たしている仕事を探す必要がある。

なぜなら、どんな仕事でも実際に始めると幻滅する出来事は起こるので、満たしてたと思ってた条件が消える可能性があるからです。1つ消えても大丈夫なように最初から2つ満たしてる仕事を探します。

もし仮に探した結果どうしても希望に合うところが見つからず時間切れになって、やや不本意な仕事につくことになっても、精一杯探したと自分が納得できたらすぐやめることもないと思います。その場合は時間が経過してそういう仕事にめぐり会えるのを待てばいい。

人間は仕事をしないと幸福感を得られないようになっているので、どんなに金持ちになっても結局仕事するに決まってます。
だとすれば幸せな仕事してる人は、それだけで既に大金持ちになった後と同等以上の立場に立っているわけで、きっと幸福感を抱きつつ死ねるはず。
なので、投資で勝つより仕事選びは重要。

仕事選びは思ったより本気でやったほうがいいっすよ~。



試しに参加してみた(´ー`)。このブログは何位かな?
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

2008/06/18

割安に見える株・最終回

過去に何回かに分けて書いていた記事の続きです。


指標は明らかに割安なのに、なぜか誰も買わない株があります。
なぜみんな買わないのか・・・その「ワケ」を考えるてみる5回目です。

最終回の今回は必要悪企業(←勝手に命名)。

以前にも書いたのですが、そもそも株式会社とはより良い未来を高速に実現するために適した仕組みでしたので、すべての継続している株式会社は社会的に存在意義があり、世間から求められる仕事をしているはずです。(そうでないと継続できない)

ましてや上場企業は公開時にその辺を厳しく審査されているはずなので、上場企業ならまず間違いなく(少なくとも上場時では)社会的に存在意義がある仕事をしていると認められた会社であるといえます。

しかし中には確かに存在意義はあるんだけど、この会社が発展するのってどうよ?と思うような会社もあります。
代表的なのは、消費者金融・葬式屋・パチンコ関係などです。

例えば葬式屋・・・業績アップって人がどんどん死んでる訳で、それっていいんか?と思うし、
消費者金融って貧乏+無知な人が増えてサラ金に行く人がどんどん増えないと儲からないし、
パチンコなんて、仕事する気なくてヒマを持て余してる人間のヒマつぶしを手伝ってるだけだし(←1ヶ月で360時間入り浸った経験を持つこの私が断言します!)
これらの会社の業績アップって果たして良いことなのか・・・?

かといって、そんな会社でも無くなったら困る人もいるわけで、そのような仕事にもちゃんと社会のニーズはある。
でも、そんなグレーな感じの会社の株を見ますと例え業績がよくても何故か買われないのです。その結果、割安に放置されることが多いです。
考えられる理由としては、あんまりこういう会社が派手に儲かってしまうと規制がかかるリスク等がありますが決定的な理由とはいえません。
株式市場は生き馬の目を抜く世界ですけど、市場にも良心があるんでしょうか。

例えばついこの前の8564武富士なんて、市場全体の弱気も手伝って、なんとあのバフェットも研究したほど超割安になりました(もちろん、バフェットはやはり買いませんでした)

こんな感じでこの事業が発展して果たしていいのか?と、疑問に思うような仕事をしている会社は持ってても上がらないので、自分は手を出さないようにしています。



今回で最後なので全体的にまとめとくと、そもそも株を選ぶのに割安な株を見つけてその中から選ぶ、というのはイケてない選び方だと最近非常に思ってます。

最近思うのは、自分がその仕事したい!と思うほど美味しいビジネスを既にしている会社(ただし、そういう会社はいつも割高)が、なんかの拍子に安くなったら買う、という方がずっといいと思っています。

そういう会社は安くなってもせいぜいPERで18倍とかですけど、それで買っていいんです。



試しに参加してみた(´ー`)。このブログは何位かな?
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

2008/06/14

著名投資家のスタンスまとめ

今現在、自分の好きな有名投資家が代表的な市場・通貨にどんな長期的な展望を持っているかをまとめてみた。


ソースは最近のさまざまな関連記事や発言、また各投資家が実際に取った行動から分析してみた。

0614
◎(+2p)-ポジティヴ
〇(+1p)-注目高またはホールド
△( 0p)-注目低
��(-1p)-ネガティヴ



ドル、、、オワタ\(^o^)/




ちなみに今現在の各市場の指数PERは以下のようになっています。

日経:17.67倍

��Yダウ:13.23倍

��株指数:13.97倍

上海総合指数:18.86倍



試しに参加してみた(´ー`)。このブログは何位かな?
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

2008/06/11

投資の勉強は勝つために必要であって十分でない

投資に勉強は必要だと思うけど、勉強すれば必ず勝てるというものでもない。
知識は勝つための”必要条件”であって”十分条件”ではないからです。

例えばスポーツで「ルールを知っている=上手い」とは言えないけど、うまい人でまさかルールも知らない人はいないハズです。
つまりスポーツにおいては「ルールを知っている」ということは上手なことの必要条件ということになります。

資本主義というゲームも「投資の知識がある=必ず勝つ」わけでは無いけど「勝つ人はよく勉強して知っている」とはいえると思います。
つまり、勝つ人はよく知っている人を母集団としてその中からしか出ないです。
これは当たり前の話で「知識=勝つ」だったら経済学部教授はみんな億万長者になっちゃうし、現実はそうでないことからも明白。

ところで、スポーツだったら興味なければやらなければ良いだけですけど、資本主義という名のゲームは生まれたときから死ぬまで全員強制参加させられます。

するとどうしても勉強せざるをえない。
知識がないと簡単にオウンゴールやエラーをしてしまうのが資本主義というゲームの怖さ。

サラ金に手をだしたり、定年過ぎてから退職金でコンビニFCに加入したりとか・・・。ありえない(-_- )。
というわけで、勉強勉強・・・φ(・_・")


試しに参加してみた(´ー`)。このブログは何位かな?
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

2008/06/09

時間が無い!

世のビジネスマンなら誰でもスキルアップに興味があり、あわよくば島耕作みたいなデキル奴に・・・などと身分不相応な妄想を膨らませていることと思います。

私の周囲でも「仮説思考」とか「見える化」といった言葉はよく飛び交っていて、ビジネス書で熱心に勉強しスキルアップに余念がない人は多い。
この私めも勿論そういう勉強には興味あるんですけど、投資を本格的に始めてからはついつい投資の勉強を優先してしまいます。

というのは、企業は資本主義のルール上で営業しており、その企業のルール上で働いているのがビジネスマンです。
だとすると1+1も出来ない人が微積分の勉強してもしょうがないのと同じで、私は資本主義のルールを先に勉強してから、ビジネススキル関係の自己啓発をするのが真っ当な順序と思います。

というわけで、ついつい資本主義のルール(≒投資の勉強)を優先してしまうのですが、困ったことはこの「資本主義のルール」というやつは底なしに深いんです!知れば知るほど何も知らない自分に気づくという・・・ガクリ
その結果、一向に「自己啓発」の勉強に進めないという悪循環にすっぽり嵌る。。。

本当は両方バランスよくやればいいんだろうけど、不器用な自分にはそれが難しい。以前に今日こそは、とビジネス書読んでみたら頭のなか投資の謎でいっぱいで全然頭に入らなかったし(笑)

そんな生活を続けていると、どうしても周囲と価値観が微妙にズレてくるのは困ったことですが、ま~株始めるとそれは規定路線らしいので、その辺は仕方ないと割り切りでヽ(´ー`)ノ

でもやっぱ時間さえあれば両方やりたいよなぁ。
時間さえあれば・・・。
何かいい解決策は無いのかー!


��.S.
やっぱないよなぁー。時間は有限だし。
こういうのを表した言葉はいくつかある。以下引用。

「人生において違う山に登ろうと決心したら、今いる山は一度降りなくてはならない」

「大事なのは、目の前のドアを開けるためには、後ろのドアを閉じなければならないということです。より正確に言うと、前のドアは、後ろのドアを閉めないと開かない仕組みになっているのだ。この後ろのドアを閉めるという行為において、私たちは悩み、苦しむ。後ろのドアを閉じられないから、前のドアを開けられない。蓄積した信用をあえて捨てるという行為は、後ろのドアを閉めることだ」

とかね。
あと「決断」という言葉もモロにそれですね。何かを決断するとは、何かをしないことを決めるということと同じ。時間は有限だから、両方はできないよ、ということですね。

2008/06/04

おんぎゃぁぁぁぁ!

中国株やるならやっぱ不動産株は外せないよね!というわけで不動産セクターを漁ってみて良さげに感じたバンカとグァンジョウR&Fをピックアップ。



そして最終的に資産の1/5位買う?と思いそれぞれ6000株ずつ計12000株位のポジションを予定。
で、最近さがってきたのでそろそろ出動と思い、先日とりあえず半分の6000株を買いー(゚∀゚)!



ちなみになぜ半分なのかというと、普通、下がってる時に買うと当たり前の話だけどもっと下がる。
でも自分は基本的に下がってるときに買うので、当然、自分が買った後に急に反転するはずもなく、むなしく下がるのが通例となっているので、一度に全部買わず何回かに分けて買うようにしてるのだ。



こうして買い下がって行って、予定のポジションに達したら放置プレイ開始。それより前に反転したらそれはそれでよし、というわけです。



そして数日後・・・
何気に口座を眺めてたらなんかキャッシュが少ない気がする。で、よく見てみると、バンカとグァンジョウの持ち高が各6000株。。。
しもた!両方で6000買うつもりが両方とも6000買ってしもたーヽ(`Д´)ノ



やべぇ・・・。
今回もいつも通り買った後下がるのでは?と震えていると・・・









やっぱり下がった・・・ダウンダウンダウン○| ̄|_







あぅぅ、一瞬にして立派な漬物が完成!(TДT)