2010/02/28

やっちまったよ月間

2004/10/01から2010/02/28現在までの投資成績

$投資生活ブログ

今月のMY基準価額 : 18917ポイント
今月までCAGR(年平均成長率):8.47%

今月はゴールド取引のみ。月中にどうも自分の思った動きと違う動きに見えたので、とりあえず少し外すか、思い、オンス1057ドル程度で4分の1くらい外したところ、これがキレイな底値売りに!
久しぶりにやってもうた!なんということでしょう。みごとに振り落とされますた!
まぁまた下がるかも知れませんけどね・・・。

ゴールドって、何か危機が起きると一緒になって下がるけど、しばらくすると日経やダウは横ばいなのに、元に戻るみたいです。

その他は特になし。忙しくて忙しくて(TДT)。

以下今月の出来事など。


【今月気に入ったコピペ1】
��出所不明)
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」



考えたことあるある(゚∀゚)


【今月気に入ったコピペ2】
http://www.9393.co.jp/hihiq/kako_hiq/2010/10_0222_hihiq.html
■納得行かないさんからのQ(質問):お寺さんが納税しないのは・・・

いつも興味深いお話をありがとうございます。

親を送った友人達と話すのですが、
どうしてこの国では、お寺さんは納税しないでよいのでしょうか?
葬儀を行なうと戒名ひとついただくにも、
付随して過去収めていない寄付金等含め百万単位の金額を請求され、
支払わないとお骨を納める事もできません。
そして、お寺さんが庫裏を建てるにも
総て檀家が寄付を要求されます。
私達檀家はすべての所得に対して納税義務を負っています。
これってとても不平等な事だと思うのですが
��先生はどのように考えられますか?

■QさんからのA(答え)

人間の歴史は宗教と政治の戦いなんです。
政治家はヤクザの成り上がりだし、
坊さんは乞食の成り上がりなんですね。
ですから乞食の親分とヤクザの親分の喧嘩が人間の歴史、
という具合に私は見ております。

そういう中で政治家が天下をとり、
坊さんといつまでも喧嘩するよりも
税金を負けてやれということじゃないでしょうか。
さしてリクツに合わないことですが
どうしてだと言われてもそれが歴史なんです。
ですからその中であなたにできることは
嫌だったら坊さんにお金を払わなきゃよろしいんです。
私は自分が死んだ時、絶対にお経は読んでくれるなと
30年前に遺言を書いております。
いまでも時々人の葬式に行きますが、
坊さんがお経を読んでいるのをきくと、
生きてる人が聞いても分からんのに死んだ人に分かるはずが無い、
そう思って私が死んだ時はお経はやめてくれといってあるのです。
あなたもお寺にお金を払いたくなかったら、
そう遺言を残しておいたらどうですか。



どうしてあのお歳でここまで先進的なんだ(;^ω^)


【プリウス】
キャンセルしますた!('ω`)
営業さんゴメンチャイ。

2010/02/27

所得税の確定申告書付表

今年もやってまいりました確定申告。

例年通り、必死になって記入してると(とは行ってもWEBですが)所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用)という見慣れない付表が。

こんなやつ↓
-------------------------------------
所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用)

この付表は、租税特別措置法第37条の12の2(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除)の規定の適用を受ける方が、本年分の上場株式等に係る譲渡損失の金額を同年分の分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額(以下「分離課税配当所得金額」といいます。)の計算上控除(損益通算)するため、又は3年前の年分以後の上場株式等に係る譲渡損失の金額を本年分の株式等に係る譲渡所得等の金額及び分離課税配当所得金額の計算上控除するため、若しくは翌年以後に繰り越すために使用するものです。
-------------------------------------



・・・(゚Д゚)ハァ?





いろいろ調べると、どうやら今年から株で損した&配当貰った人は、配当で天引きされた税金が返ってくるようになったらしい。

なんでこんな分かりにくいの?もっと簡単に書いてよ!(;´Д`)

例えばこんなんならみんな喜んで申告すんじゃね?

-------------------------------------
所得税の確定申告書付表(今年の株成績発表━━(゚∀゚)━━ビックリマーク

ところで株で損して配当貰った人は以下に書いて税務署に出すと、配当で天引きされた税金が返ってきマース(〃▽〃)キャーラブラブ
-------------------------------------

これでいいじゃん(^ω^)。

2010/02/14

商品券の有効期限

以前、キャンペーンで貰った香港の百貨店の商品券。

$投資生活ブログ

いつの間にか有効期限が切れそう。

額面は600HKDだから7000JPYくらい?失効したら結構もったいない!(;´Д`)

これって香港のデパートどこでも使える共通券なのだろうか・・・。
また、裏を見ると
This coupon will not be accepted for PARKNSHOP Direct(includes orders by phone, fax or through internet)
とか書いてある。ネット通販では使えないらしい。うーむ、行くしか無いのか・・?

そういや以前、香港で食べた”糖朝”のエビの甘酢?はうまかったなーにこにこっ
あれから日本の高島屋にある糖朝にも行ったけど、そのメニューも無かったし、他の料理も全然まずくてダメでした。

あれは何と言う料理だったのだろうか・・・と思って調べてみたら、314bの「海老の甘酢風味」だったみたい。※”ソースが一つ選んでください”の日本語がナイス('ω`) 

あと、277の野菜もうまかった。
115のデザートも食べてみたいな。
あかん、PCPCの前でヨダレ垂れてきたよだれ

デパート券使うついでにまた食いに行く?(;^ω^)

しかし、これを使うためにまた香港旅行したら、もっともったいない!(;´Д`)、と悩み中・・・。

どうしよかなえへへ…

2010/02/06

株主資本コストが具現化されるとき

会社を始めるには資金が必要ですが、それをタダで出す人などいるわけも無く、出資者は必ず利回りを期待します。

資金の出し手は大きく分けて、銀行などの債権者と株主などの出資者がいますが、株主の方がより高い利回りを期待します。この株主の期待利回りを”株主資本コスト”といいます。

株主資本コストが高いのは、株主として出資する立場にたてば当然です。株主としては自分の資金を社債にも国債にも株にも出資できるなかで、あえて危険な株に出資する以上、高い利回りが見込めないとやってられないからです。

ですから、会社は株主から資金を集めたら、必ずその出資金に対して株主資本コスト以上の利益(大体ROE7%以上)を出さなくてはならないのですが、IPOなどをして集めたお金をそっくり1%程度で定期預金しているような会社も存在します。

しかし、会社としては出資金さえGETすれば、その後は借金のように毎年利息を払う義務もないので、「株主資本に利息は無い!」などとのうのうと公言してる社長も実在します。

しかし、本来掛かるはずのコストが無くなるはずもなく、結局最後には具現化します。どういうプロセスでその資本コストが具現化すのでしょうか。
説明用にシンプル化したケースで考えてみます。

例えば、あなたが友達から”会社を作るから出資して!”と頼まれ、話を聞いてみたら、なかなかイケてる事業のようだから、Aさん、Bさん、社長である友達、あなた、の4人で均等に250万ずつ、全部で1000万円出資したとします。

で、1年後、業績はどうなったか社長に聞いてみたら、
「いやー、事業って難しいから、定期預金してるよ!」
などアホなことを言っています。

あなたは定期預金だったら自分でも出来るのに、わざわざ自分の自由にできない所で定期預金なんかされたくないので「それなら金返せ!」と言いますが、いくら言ってもシカトされるので、あなたは本気で出資したことを後悔しました。

そこで、あなたは仕方なく出資したときに受け取った株を他の人に売って、縁を切ることにしましたが、みんなその社長がアホなのは知っているので、あなたが出資した金額である250万では誰も買ってくれません。
なかなか買い手が見つからない中、ついに100万円なら買う、と言うワシズさんという人が見つかりました。

安いですが、あなたはアホ社長と縁を切りたかったので、思い切ってワシズさんへ100万円で売ることにします。

ワシズさんはどうしたかというと、他の出資者Aさんのところに行って、今なら150万円出すから株を売ってくれと頼んでいました。Aさんも同じく社長のアホさ加減に頭にきていたし、100万円で売買成立したという噂も聞いていたので、150万円なら売ることにしました。

さらにワシズさんは、もう一人の出資者Bさんのところに行って、250万で株を売ってくれと頼みます。Bさんも社長のアホさ加減に頭にきてたし、250万円なら損はないので、大喜びで売りました。

そしてワシズさんは集めた議決権でアホ社長を解任し、会社がしていた定期預金を配当することにしました。

ワシズさんは会社の株の75%を持っているので、750万円GETです。ワシズさんが使ったお金は500万円なので、250万円儲かりました。

結局、誰が損したかというと、そのようなアホな社長を信じて出資した初期の株主が損をしたことになります。

このように、株主資本コストを無視したアホ経営は、出資者は株価の下落という形で資本コスト分を負担させられ、それを損切りした時、今まで見えなかった株主資本コストを一気にまとめて払うことになります。また、最終的にアホ社長自身も追い出されます。

ですから、自分の投資している会社の社長がそこんとこよく分かってるのかどうか、有価証券報告書などを読み込んだり、言ってた事とやった事を良く見て、自分で吟味する必要があります。株主資本コストはタダではありません。

2010/02/03

鳴かぬなら、鳴くまでまとうホトトギス。ただし鳴いたときには居眠り禁止!

先日、自分のポートフォリオの年平均成長率を求めるために、過去の月ごとに投入した資金の利回りを計算しましたが、それを何となく眺めていてハッ( ゚o゚)とした。

計算結果を眺めていると、5年間のうち株価が安いほんの数ヶ月のうちに投入した資金で、全体の利回りの8割がたを稼いでいるではないか!( ゚д゚)。まさにパレートの法則。

まあ安い時に買ったもののパフォーマンスが高いのは予想してたけど、それが全体に与える影響が異常に大きすぎる。これはつまり、安い時にさえ投入しておけば、あとは寝てて良かったことになる。
逆に言えば、高い時に買ってしまうと下がった時にはそれが与える影響も大きい。

これ見て「株は安い時に買えばよい」という昔からの教えは、これは確かに正しい教えですが、この言葉は事実の半分しか伝えてないと思った。

この言葉を100%省略なく言うと、こうなると思う。
「株は安い時に買えばよい。しかし、決して普通の時や高い時は買ってはならない

普通の時でも買ってはダメなのだ。今までここまで考えたことはなかった。

でもこの言葉通り忠実にやると、実際には見てるだけの寝ているような時間が何年も続き、それでいていざ暴落!となったら突然エンジン全開で買いにいくことになる。そしてそのような時とは例外なくこんな時だ。

これは難しい。だって普通そんなに何年も待っていたら、いざチャンスが来てもボケてて急にそんな大胆な行動できないもの。
しかし今回のデータからは、徳川家康の如く何十年と機を待ったにもかかわらず、チャンスと見たらボケずに一気に行動することが、投資おいて最も有効と言えると思う。

バフェット様も

「もっとも愚かなのは、上がってから買うというやつです」

と言っていたけど、この意味が完全に腑に落ちた。
今日から

「鳴かぬなら、鳴くまでまとうホトトギス。ただし鳴いたときには居眠り禁止!」

で行こう!
そして、いざ買いフラグが立ったら”買って下がるのは当たり前”という前提で目をつむって買い進めよう。


※「安い時」とはバリュエーションを勉強するか、もしくはTVか新聞の大騒ぎで判断するか、控えめで良ければ、月足の移動平均線が明らかに下がり始めたらドルコスト平均法を始めるのが有効だと思われます。