2016/12/31

2016年12月の投資成績と注目銘柄

12/30現在の投資基準価額は前月比-0.88%、バークシャー株は+3.87%でした。インデックスは日経が+4.60%、NYダウが+3.83%、ハンセン指数が-3.11%でした。

■投資履歴


【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。

【注】上記の投資高はUSD・HKD現金以外の全ての金融商品を含みます(JPY現金も含む)。

■最新のポートフォリオ


■最新の注目銘柄
気に入ってるだけで必ずしも買ってるとは限らないのでご注意ください。その銘柄ヤバイよ!という情報ありましたら是非コメントくださいませ。


HSBC Hldgs. plc (Hong... 0005

Hang Seng Bank 0011

Jiangsu Expressway Co... 177

Tingyi (Cayman Islands)... 0322

Television Broadcasts... 0511

Zhejiang Expressway... 0576

Tencent Holdings Ltd 0700

Huaneng Power Intl. Inc 902

China Mobile Ltd. 941

Calbee Inc 2229

X DBMSCIUSA 3020

Unicharm Corp 8113

SoftBank Group Corp 9984

Apple Inc. AAPL

iShares Barclays... AGG

American Express Company AXP

Alibaba Group Holding... BABA

Berkshire Hathaway Inc. BRK.A

General Electric Company GE

Gilead Sciences, Inc. GILD

Alphabet Inc GOOGL

Intl. Business Machines... IBM

Intel Corporation INTC

Johnson & Johnson JNJ

The Coca-Cola Co KO

Lockheed Martin... LMT

iShares IBoxx $ Invest... LQD

3M Co MMM

Microsoft Corporation MSFT

NextEra Energy Inc NEE

Northrop Grumman... NOC

Procter & Gamble Co PG

Southern Co SO

AT&T Inc. T

Taiwan Semicond. Mfg... TSM

Vanguard Long Term... VCLT

Verizon Communications... VZ

Exxon Mobil Corporation XOM

Mastercard Inc MA

Wells Fargo & Co WFC

salesforce.com, inc. CRM

SPDR S&P 500 ETF Trust SPY

iShares S&P US Pref... PFF

iShares Select Dividend... DVY

iShares Trust HDV


■コメント

今月の成績
今月の成績は悪化しました。主な要因は円安によるドル建てでのJPYポジションの評価減です。

投資行動については、iShares S&P US Pref Stock Idx Fnd (PFF)を少々購入しました。
また、せっかく円安となったので少額しか入っていなくて処分に困っていた複数の口座のドルをほぼ1ヵ月間毎日10万円分くらい円に両替して出金、いろいろ消費しました。洗濯機、掃除機、ソファ、テレビ、炊飯器などを新調して快適です(*'▽')

ところで私は日本人なので資産の20%くらいはJPYで持っててもいいかなと思っていますが、今のポジション30%程度もあって多すぎます。
多すぎる分はそのうちドルに両替しようと思っていたところ最近の円安ですっかり置いてけぼりにされてしまいました。これを何か有効に使えないかと悩み中です。

2017年の相場
2017年の相場については、積極的にBUYな雰囲気は無いですが、かと言って全部SELLだと大きく取りこぼすリスクも高そうと思っており、株については雪崩に巻き込まれたら損失上等でホールドかなと思っています。
米国の政策金利が本当に上がっていくなら、株よりも債券を手持ちのドルで買っていきたいです。

ところで最近シマッタと思ったのが手持ちのドルをMMFに入れて運用していると、いざ米株を買おうと解約すると税金が発生することです(ドルで受け取っても)。
配当などを預り金のまま置いておくと利息が付かないので、ついうっかり全部MMFに入れてしまったのですが、まさかこんなに急に円安になるとは思っておらず大失敗。これだけで数十万単位で損してしまいました。

2016年の損益
最後に2016年の損益についてまとめると、配当が1,293,586円、売買による実現損益が約66万円でした。いずれも税引き後なので確定申告で少し還付されるとすると、大体200万円くらいの収益になるんじゃないでしょうか。
含み益については毎月見てはいますが、所詮は絵に描いた餅なので放置です。



「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/30

ふるさと納税は情弱ビジネスだったもよう

昨今大人気のふるさと納税。今年もクレカ納税なら31日までは間に合うので、慌てて納税している方も多そうです。

しかしこのふるさと納税、普通に考えれば個人が払う納税額はほとんど変わらずに返礼品が実質的な還付金となるために、全体として納付される住民税は減ってしまうハズです。

結局やっていることは役所間での不毛なゼロサムのぶんどりあいであって、きっとこんな制度は長く続かないだろうなと思っていたら、これは私の間違いでした。

というのは、ふるさと納税をした人のうち3割はなんと納税だけして取り返す手続きをしていないそうです!!それでか~!

私のような人間には白目をむいてしまいそうな話ではありますが、世の中にはつまらんケータイのサービスに月額300円取られ続けているゆるい人も多数います。
そんな情弱な人がワンストップ制度や、まして確定申告などするはずもなく、なるほどありえますね。

結果的に寄付された地方自治体はホクホク、国も地方交付税を増やさなくていいので助かる、ということで行政もプッシュしているそうです。

またマスコミが騒げば騒ぐほど情弱がふるさと納税を始めるわけで、そうすると結果的に還付率が下がり行政側はもっと儲かるので、この制度はすぐには無くならないんじゃないかと思うようになりました。


ところでこの話を聞いて私は最近やり玉にあがっている¥0ケータイを思い出しました。

あれは簡単に言うと、ずっと大事に同じケータイを使い続けている善良な消費者がコロコロ新機種に変える人の端末代を払ってあげているという構図でした。

それがけしからんと言うことでワイワイ言っているようですが、言っている行政側も自分が儲かるなら似たようなことをやるという・・・。

それにしても、こんなに情弱が多いということは「みんなも自分と同じように考えるはず」なんて思い込んでると大きく判断を誤って足元を掬われかねません。
株でも同じですが、マーケットが間違っているという考えは危険です。

政治も株もコンテンツ制作者も、世の中そんな人だらけなんだ、ということを忘れるとうまくいかないと思います。


「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/22

手段の目的化

先日に録画したTVを見てたらプーチンさんが今一番節約しているのは時間だそうです。なるほどね、登り詰めた人に大事なものは?と問えば大抵は時間か愛情という答えが返ってくるのを思い出しました。

そう言えば私は人の幸福度は「健康×時間×仕事×愛情」という式だと思っているのですが、これはつまり、どれかがゼロだと答えはゼロになるということです。

例えばどんなに時間があっても、私はおもしろい仕事がなければつまんないし、そもそも健康でなければ何もできません。
そしてこの中で一番揃えるのが難しくゼロになりやすいのが愛情です。その他は減りはしても完全にゼロにはなかなかなりません。

愛情が他より難しいのは自分一人ではどうにもならないからです。バフェット様も「愛は与えれば与えるほど貰えるもの」と言っていましたし。

このブログを見に来る人はお金に興味がありそうなのでお金にフォーカスして書きますけど、言うまでもなく真の愛情はお金では買えないし、むしろお金が有り過ぎると相手の愛情に確信が持てなくなってしまうので邪魔なんです。(だから大金持ちは犬を飼うんでしょう)

上記のどのパラメータもお金があれば多少は有利にはなるものの、私のような変わり者にとっては、やっぱり愛情を得るのが一番むずかしそうです。

妖精レベルのオタの人なら自分の愛情は2Dで十分!と言いきりそうですが、人間である以上、30年後もそう思えている保証はありません。なんせ人が一人で生きていけないのは100万年前から決まってますしね。

何が言いたいかというと、何かを完全に諦めてしまわないで、人生にオプション(選択肢)は多い方がいいということです。

そんなふうに思っているので、私の毎日はゲームキャラクター育成よろしく自分の上記の4パラメータをちくちくバランスよく成長させていくプレイのようです。

お金はそのパラメータ育成に使う燃料のようなものなので、あるパラメータが凹んでいるなと感じると、一気に燃料投下することもあります。

とにかく、お金を貯めるのが目的になってしまったらそれは「手段の目的化」というやつですので、そうならないようにしています。

参考:“50代までの人間関係”で幸福度が決まる 幸せな老後を送る人の特徴



「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/20

タワマンの賃料

タワマンの住み心地をレポートするこのシリーズ。
今日は地域による賃料の違いについてです。

私は家を探すときは一応全国どこでも見てみて、今自分が住もうとしているところの相場勘を養うことにしています。

私が見ていた限りでは、やっぱり東京は高かったです。港区とか六本木ではちょっと広めの70平米だと月60万とかが普通でした。最上階の130平米とかだと月300万とかもありました。冗談みたいな賃料です。

関西になるとぐっと下がって半分くらいで同クラスの部屋が借りられます。

マンションの仕様はそれほど変わらないので、やっぱり不動産は一にも二にも立地なんですね。



「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/19

恐怖で心が丸裸になると

インデックスの積立投資は正しいです。正しいですが、どうして正しいのか完全に腑に落ちるまで理解できずにやってる人は、いざ暴落して自分のお金が半分になったら、あっという間これまでの自信は剥げ落ちるでしょう。

ちょっと想像してもみてください、毎日毎日自分の口座から、ボーナス額が減っていく様を・・・
そうなるときれいごとは雲散霧消して、心は恐怖に支配され、売ってしまうでしょう。
私はこれからもずっと、そういう人が市場のマジョリティでいてほしいです。
それこそが利益の源泉だからです。

私にとって株の儲けは我慢料(※)、他人の恐怖は肥料です。

Q先生の金言のひとつ

 

「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/16

会社員なら育児休暇は取らなきゃ損

最近、周囲の会社員の方で社内結婚して子どもが生まれた後、なんと夫婦二人とも育児休暇に入るという事案が発生しています。

これ、頭いいと思います。
だって育児休暇ってめちゃめちゃ得なんです。サラリーマンの既得権益ですのでとったもん勝ちです。

まず給付ですが、細かいことは他のHPに譲るとして、休暇に入る前の月給の7割近くがもらえます。これは非課税です。

そして健康保険も年金も免除になります。しかもこれがすごくて、この年金免除は普通と違い、将来の支給額に全く影響が無く、働き続けているのと完全に同じ権利がもらえます。

ということはですよ、ちょっと考えてみてください。普通、給料は支給額から健保だの年金だの引かれて、結局手取りは7割ちょいくらいになってると思います。つまり、働いても働かなくても貰えるお金は同じということです。まさに働き損。

また、雇用主は従業員が育児休暇を申請したら拒否できません。権利ですので最終的には取れますので、安心して申し出ましょう。何か言われてもハイハイとスルーするだけで軽く数百万円になるという楽なお仕事だと思ってください。

何?そんなことしたら将来の出世に影響があるって?
何言ってるんですか。それは日本の教育に毒されてる証拠です。そもそも今は昭和じゃありませんよ、今の若者に中年になってから報いてくれる会社がどれだけあるんですか。

それが分かってるから、若い社内結婚カップルが夫婦で育児休暇を取りだしたんじゃないでしょうか。

私はこういう合理的な人を応援したいです。使えるものは使い倒し、もらえるものはきっちり貰う中韓の方のようなたくましさは、今後数十年の激動の時代をサバイブするための大事な能力だと思います。(ただバランスはとってね。)

ちなみに、育児休業給付は雇用保険や共済から出ますし、会社も健保や年金の搬出が免除されるので金銭的には職場にまったく迷惑を掛けません。気兼ねなくとりましょう!




「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/15

ぼくのリーマンショック物語


暴落0週目
「含み益、中古のフェラーリ買えるくらいまで増えたよ!ウェーイヽ(´ー`)ノ」
 



暴落1週目
「げっ、結構減ったけど・・まだBMWくらいなら買えるな、戻ってくれ!(←この時点で既に願望)」
 



暴落2週目
「マーチになってしまった・・でもまだプラスだし!」
 


 
暴落3週目
「AAAAAー!俺のクルマ売らなきゃー!!((((;゚Д゚)))」
 


ここで嘔吐。

 
暴落4週目
「こうなったらやけくそだ!のこり全額買ってまえ~~!!ヽ(`Д´)ノ」
 


 
暴落5週目


この時ひとつ学んだのは、買い余力が残っているうちは「まだ買えるっ・・!まだ弾はあるっ・・!」と結構ガマンできる、ということでした。




「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/14

サンクコスト

グーグルが無人運転を諦めたそうです。これまで巨額の投資をしてきたはずですが、あっさり終了の決断ができるのはさすが米国企業です。

これが日本企業だったらどうでしょう。集団指導体制を組んでいる取締役会議じゃあズルズル続けるパターンが多いんじゃないでしょうか。日本企業でもカリスマ・オーナー社長ならバッサリ引くと思いますが。

 
ところでこのように経営や投資において、ある程度してしまった先行投資が惜しくなって判断にキレがなくなるのをサンクコストと言います。誰でも陥りやすい罠ですので相当注意していないと防げません。

投資においても人生においても「間違えた・・・か?」と思ったら期限を決めてエイっと決断しないといけません。
どうせ登る山を間違えたら一度は降りなければなりませんし、掛け違えたボタンは全部はずさないと直りませんから。

もし今あなたが仕事やパートナーについて違和感を感じているなら、これを読んでいる今、決断してください。

今、決断しろって言いましたよね?出来ましたか?

もしまだだったらどうせあなたは10年後も迷っていると思います。一生迷ってろ(By カイジ)。

2016/12/13

ゲストルームを利用してみました

タワマンに限らず、大規模マンションにおいては大抵ゲストルームという共有施設あります。

ゲストルームは居住者の来客の宿泊専用の共有部屋なのですが、私が住んでるマンションにもありましたので先日利用してみた感想をレポートしたいと思います。

入ってすぐに感じたのが「モデルルームみたい」という感じでした。広さはざっと60平米程度のLDKで、ほぼフルオプションの設備が付帯しており、かなり高級感がありました。

お値段は1泊3000円ですが、ホテルじゃないので布団は一組\2,160で別料金。さらに退室時のお掃除義務があります。

とはいえ設置フロアは25階で眺望はまずまずでしたし、シティホテルでこのレベルの部屋だとスイートになってしまい、5万は下らないと思いますので、かなりお得じゃないでしょうか。

フィットネスルームとか、バーカウンターとか温泉とかの共有施設はいらないですが、ゲストルームはいる施設ですね。

マンションにお住いでクリスマスでホテルが取れないとお嘆きの方は、灯台下暗しかもしれませんよ。


「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/11

不動産相場はピークアウト!?

生活していると毎日のように自分の住んでいるマンションの仲介チラシが入ります。

それをなんとなく眺めているので分かるのですが、どうやら昨今の異常な不動産価格の高騰はピークを越えたようです。

今年の初めあたりが一番加熱していて、その時は分譲価格の1.5倍程度で成約していたようですが、最近は希望売値からして分譲価格の1.25倍くらいまで落ちてきました。

ということは成約ベースでは1.1倍~1.2倍程度となるでしょうし、売却に手間取ればもっと下がるでしょう。

タワマンは今あわてて買う必要はないと思います。
不動産より株の方が早く下がるので世界中で株が下がりだして半年くらいしてからゆっくり探しますか。

その時は私の株ポートフォリオも今より相当の評価減となっているでしょうが、それで千万単位で安くタワマンを買えるなら差引ゼロ!?かもしれませんのでまあ良しとしましょう。




「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/10

タワマンの駐車場

タワマン生活についてレポートするこのテーマ、今回は駐車場についてです。

最近のタワマンの駐車場はタワーの中心部に設置されています。

一昔前の設計の古いタワマンは中央部が空洞で、ちょうどチクワを立てたような状態でした。しかしこれだと中低層階は光が届かずジメジメして、まるで洞窟の底にいるような閉塞感がありました。

それならいっそチクワの穴の部分は駐車場を入れて、タワー内部側の窓はナシにして内廊下にしちゃえ、というのが今の設計なのです。

私の住んでいるタワマンもこういう作りですが使ってみると非常に快適です。
クルマの呼び出しは空調完備されたスペースで出来ますし、クルマは屋内で保管されているので、冬は暖かく夏も灼熱地獄ということもありません。
ガラコやタイヤも長持ちしそうですし、どんな高級車でも盗難やイタズラの心配もありません。

来るまで少し時間が掛かりますが、自走式の駐車場でもクルマまで歩いていく時間が掛かりますので、それほど乗り込むまでの時間は変わりません。

乗り込む場所も当然のように屋根有りで濡れず、一年中快適に出し入れできます。これで月9,500円~は安いでしょう。

さらに、ハイグレードなマンションですと、バレーサービスがついているところもありました。
バレーサービスとは、高級ホテルでよくある出庫も入庫も係員にクルマを預ければあとは良しなに計らってくれるアレです。

私が見に行った所では、料金は一時金で5万円だそうです。月じゃないですよ、一時金です。一回払えばそのマンションに住む限り、何十年でもこのサービスを利用できるそうです。これはバカ安じゃないでしょうか。

一方、不便かなと感じるところは、クルマに物を忘れた場合、いちいち呼ぶのはいいとして、後が並んでいるとちょっと焦るところです。一戸建てだったら車の中を好きなだけゴソゴソ探せるのですが。



以上いろいろ感想を述べましたが、そもそもタワマンは立地が良いのでクルマを保有するメリット自体が少ないように思っています。

私も引っ越してきてから、めっきりクルマを使わなくなりました。今は週一くらいしか使いません。

なので、この状態が3か月も続くようなら、クルマはバイバイしてカーシェアを申し込もうと思っています。



「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/08

ぱちんこの勝ち方に学ぶ株式の投資方針

前回パチンコについて触れたらいろいろ思い出したので、ついでにパチンコの勝ち方について書こうと思います。昔話ですが。

まず結論ですが、パチンコで勝つには出る台で打てばいいだけです。これだけです。

「出る台で打つ」とは言い換えると「ボーダーを超える台で打つ」ということですので、問題は「ボーダーを超える台をどうやって見つけるか」という命題に変化します。

この命題は2つに分解されます。出る台自体を見極めること、出る店を見つけることです。



まず出る台ですが、店にある台は【看板台・遊び台・回収台】に分けられます。
以下にそれぞれの台の定義を引用します。

通常営業の場合、ホールは看板台20%・遊び台30%・回収台50%に設定すると言われている。
それぞれを簡単に説明しよう。

●看板台
パチンコならボーダーライン以上によく回る甘釘台、パチスロなら高設定台。
打ち手のヒキ次第ではあるが、勝つ確率がかなり高い台と言える。
通常営業の場合、こうした看板台の構成比は20%程度である。

●遊び台
パチンコなら看板台比±5~7本程度の釘を調整した台、パチスロなら中間設定台。
ホールは客に「今日は遊べたな。」という満足感を得てもらうべく、このような調整をする。
遊び台はそこそこ回るが、玉(コイン)持ちは良いとは言えず、出ては飲まれといった、玉の出入りが激しいので、遊び台を打つ客の収支は区々である。
通常営業の場合、遊び台の構成比は30%程度である。

●回収台
パチンコならボーダーライン以下しか回らない、釘のシブい台、パチスロなら低設定台。
看板台や遊び台の一部で客に儲けられた分を回収し、利益が出るように調節されている台。
通常営業の場合、回収台の構成比は50%程度である。
引用元:http://pachinkonews.net/kiso/kishu/kanbandai.html


この中の看板台を見分けたい訳ですが、釘を見る目があればベストなものの、私はそこまで自信が無かったので、まあまあかな?と思う台を1,000円ほど打ってみて、行けそうなら続行、という感じで探していました。



次に出る店です。こちらの方が大事です。なんせ出る店は看板台の比率が上記よりも高いので適当に座っても勝てますし、出ない店はそもそも看板台が無かったりするからです。

店には長期的に出る優良店というのもあるのですが、大抵は波があります。新規開店が一番出る時期で、新装も開店後2週間ほどは熟れている時期になります。

なので、ルーティーンとしては開店情報をキャッチして遊牧民のように打ちに行き、どうしても良い店が無い時期は近所の優良店で打つということになります。
(なお、この命題はさらにどうやって開店情報をキャッチするかという命題に分解も出来ます。)

どうですか?簡単でしょ?

でもいわゆる「パチンカス」ってこの程度の努力もしないんです。懲りもせず、家から一番近いというだけで、出ない店でヤニをコキながら最初に座った台で出るまで打つというクズです。これではダメでしょう。

しかしながら、そんな人って結構多いんだ!ということをこの時学べたのは今の株式投資にも役立っています。株の世界の住人も似たり寄ったりですもん。
だから私は効率的市場論に懐疑的なんです。

また、「出る店で打つ」という至極単純な話も、今の自分に役立っています。ばっさり言うと、株の世界での「出る店」はGDPの成長する国の市場なんです。なのでその市場で適当に銘柄を買っても、勝つ確率が高まります。

こうして思い出してみたら、私の株の基本方針のいくつかはぱちんこで学んでるじゃないですか(笑)

一見関係なさそうなことが後になるとつながってくるという、スティーブジョブスが言っていた通りですね。



P.S.
ちなみにパチンカスっておかしな行動をとる人が多くて、一番面白かったのが、リーチがかかるたびにスロットを手で隠すおばさんでした。

最初は定期的に台のガラスを抑えてるので何かと思いましたが、どうやら過去にこうしたら当たったことがあったので以後そうしてる様子でした。

今となっては株やFXでテクニカル命の人に会うと、このおばさんとダブって見えます。

<参考:スティーブジョブス 伝説のスピーチ>
【前半】


【後半】








「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ

2016/12/07

必要なのは自制心

投資家に「株とパチンコはギャンブル」と言うと気分を悪くするでしょうから、ここでは株は投資ということにしておきましょう。

では意外な視点かもしれませんが、パチンコは投資と言えるのでしょうか?
私は「個人レベルで儲かるかどうか」という点のみに着目すれば、投資と言えなくもないと考えます。

私も20年くらい前はずいぶんパチンコやパチスロをしてましたけど、パチンコでもボーダーを超える台しか打たなければ、期待値はプラスとなって安定して儲けが出るんです。

儲かるのになぜ辞めたかと言えば、パチンコはスケールできないからです。毎日12時間打っても、ならすと月20万くらいにしかなりませんでした。働いた方がマシです。
かといって人を雇って規模を拡大出来るような類のものでもありません。

逆に言えばスケール出来るならまだやっていたかもしれませんが、それが可能なら年金や銀行、保険会社もやってるかもしれません。

儲けるという点のみに着目すれば両者のキモには共通点があります。
パチンコなら大当たりの快感を求めて、ボーダーを下回る台を打ってしまうことを我慢する自制心。株なら上がってる株を見て焦燥感にかられ、高値掴みしてしまうことを我慢することの自制心。

結局は大事なのは自制心であって、すぐ熱くなるタイプの人は個別株投資でもインデックス投資でもパチンコも、どれをやっても同じレベルのギャンブルにしかならないんじゃないですか。

株をやっている人のほとんどは、儲かればなんでもいいんでしょう?株は投資といいながら、やっていることはギャンブルにならないようにしたいものです。



「いいね!」はこちらのクリックで代用して頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 配当・配当金
にほんブログ村 外国株
人気ブログランキングへ