2017/03/26

2017年3月の投資成績と注目銘柄

3/26現在の投資基準価額は前月比-0.88%、バークシャー株は-0.08%でした。インデックスは日経が-0.11%、NYダウが-1.08%、ハンセン指数が+1.64%でした。

■投資履歴





【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。

【注】上記の投資高はUSD・HKD現金以外の全ての金融商品を含みます(JPY現金も含む)。

■最新のポートフォリオ


■最新の注目銘柄
気に入ってるだけで必ずしも買ってるとは限らないのでご注意ください。その銘柄ヤバイよ!という情報ありましたら是非コメントくださいませ。
 

HSBC Hldgs. plc (Hong... 0005

Hang Seng Bank 0011

Jiangsu Expressway Co... 177

Tingyi (Cayman Islands)... 0322

Television Broadcasts... 0511

Zhejiang Expressway... 0576

Tencent Holdings Ltd 0700

Huaneng Power Intl. Inc 902

China Mobile Ltd. 941

Calbee Inc 2229

X DBMSCIUSA 3020

Unicharm Corp 8113

SoftBank Group Corp 9984

Apple Inc. AAPL

iShares Barclays... AGG

American Express Company AXP

Alibaba Group Holding... BABA

Berkshire Hathaway Inc. BRK.A

General Electric Company GE

Gilead Sciences, Inc. GILD

Alphabet Inc GOOGL

Intl. Business Machines... IBM

Intel Corporation INTC

Johnson & Johnson JNJ

The Coca-Cola Co KO

Lockheed Martin... LMT

iShares IBoxx $ Invest... LQD

3M Co MMM

Microsoft Corporation MSFT

NextEra Energy Inc NEE

Northrop Grumman... NOC

Procter & Gamble Co PG

Southern Co SO

AT&T Inc. T

Taiwan Semicond. Mfg... TSM

Vanguard Long Term... VCLT

Verizon Communications... VZ

Exxon Mobil Corporation XOM

Mastercard Inc MA

Wells Fargo & Co WFC

salesforce.com, inc. CRM

SPDR S&P 500 ETF Trust SPY

iShares S&P US Pref... PFF

iShares Select Dividend... DVY

iShares Trust HDV

Nippon Telegraph And... 9432

East Japan Railway... 9020

Nissan Motor Co Ltd 7201

■コメント

今月の成績は若干下降しました。トランプ政権の実行力に少しケチがついて、世間的にややリスクオフになったようです。

今月の投資行動は、やや大きめのJPYポジをHKDに両替。HKDはドルペッグ制なので、実質的にドルに両替と同等です。

両替したHKDの運用方法は目下考え中。定期預金の利回りが1%くらいならそれに入れてもいいのですが、FFレートは上がっているものの定期預金の利回りはUSDもHKDも0.2%に張り付いているので困っています。

株は売りたくも買いたくもない価格なので何もせず。仮に今ノーポジだったとしても、多分今と同じくらいポジションを取ってひとまず様子見だと思うので、まあ頭は茹だってないようです。

とりあえず今月末は優待が多いので、適当に優待でも取って暮らします。伊勢丹の優待で10%割引カードを貰って寿司でも食べに行きたいのと、今年の夏にauの2年縛りが終わるのでソフトバンクの6ヵ月基本料無料の権利でもGETします。

2017/03/23

変化する勇気


ウォーレンバフェットがアップルと航空株を買い増したと聞いて、過去の自分の発言をあっさり反故にできるのはやっぱりすごいなと思いました。

人には認知的不協和という感情があります。自分に不都合な真実に触れてしまった場合、人は気分が悪くなります。

たとえば投資で数ある理論のうちの一つである「インデックス投資は長期では個別株投資よりも圧倒的に有利である」という説しか知らない、または固く信じている人がいたとします。

その人が長期の個別株投資でインデックスを上回っているバフェットの実績を見たり、日本株の30年チャートを見たりしたら気分が悪くなったあげく、それは偶然だと一蹴するでしょう。こういうのも認知的不協和の例です。いわば認知症。

認知的不協和は、サンクコストでも述べたように、これまで認知してる対象にのめりこんで来たほど強くなるでしょうし、長年言ってきて、ましてやそれで成功体験まで積んでしまっては後に自分の意見を変えるのは至難の業でしょう。

それを御年86歳でさくっとやってのけるバフェットの柔軟性は見習いたい点です。

この記事に関連するエントリは「投資家心理」で検索してください。

2017/03/20

バックミラー

ネット時代になって株の世界の「早耳」なんて言葉はすっかり死語になり、投資においてはプロのアドバンテージは昔ほどは無くなったと思います。

もちろん何事においてもプロというものは豊富な実例に裏打ちされた情報の咀嚼力や対応スピードでアマの考えの及ばない境地にあり、一目置く必要があるのですが、それが生み出す運用成績の差はインターネットによりだいぶ小さくなったんじゃないでしょうか。

そもそもある企業について最も事情通なのはその会社の社長ですが、その社長が出した来期予想でさえよく外れます。

社長がその程度なんですから、公開された情報しか持ってない投資家の業績予想なんてプロでもアマでも根本的には占いレベルというものでしょう。

そのため、私は予想よりも過去に社長が言った事とやった事の違いの方を重視しています。

ウォーレンバフェットは過去を重視して投資することを「バックミラー見て運転するようなもの」とダメ出ししてましたけど、すいません、私は前はチラチラ見ながらも、やっぱりバックミラーを重視します(;´∀`)。

ただ、私がまだバフェットの言っていることを理解することもできないほど株の素人なだけだとは思います。以前、一周回って同じ結論に至った事があったので・・・。


米国株では、その「言った事とやった事」の結果の履歴が赤裸々に見れて便利なんですけど、日本株と中国株で同様によくまとまっているサイトはないもんですかね。

※米国株でそれが見れるサイトはこちらのEarnings History です。
http://finance.yahoo.com/quote/JNJ/analysts?p=JNJ。

2017/03/18

保育園落ちた→日本、本当にありがとうございました

育児休業給付金はこれまで1年半が最長だったのですが、今の国会で最長2年にする雇用保険関連法案が可決されました。3年限定の時限立法みたいですが、暫定といいつつ数十年続いているガソリン税のような例もありますので意外と長期化するかもしれません。

給付金を2年にするには、1年経った段階で「認可保育園に落ちる」事などが条件なので、保育園落ちたら死ねどころか、ありがとうでしょう。

なんせ2年ですよ。給付金は最高月額28万円。まあ20万円だとしても、2年なら480万円。パパママ両方もらえば960万円にもなります。ウマー。

そしてこのような収入は所得に算入されないので「貧困層」となり翌年の住民税も大幅減になります。(育休中の住民税の支払いは結構な額が普通徴取になるのでnanacoで支払ってポイントもGET。)

しかも2年間も労働免除の上、憎っくき年金と健康保険の免除(権利は100%+α保障)という隠れ給付つき。

この隠れ給付だけでも金銭換算すれば200万円は下らないでしょう。パパママ両方GETで400万円です。どうですか、もってけドロボー!

さらにさらに、中学卒業までに児童手当も200万円程度もらえますし、教育費も高校までほぼ無料になっています。なにこれ?まさに至れり尽くせり。

〆て合計1600万円弱。2人産めば3200万円。3人で4800万円。子宝とは言いますが、まさに文字通りじゃないでしょうか。他の国はどうだか知りませんけど、比較するまでもなくこんな素敵な国はめったにないと思います。ニッポンしゅごい。

しかもナイスなのが昨今の社会の流れ。

人口減少が叫ばれる日本、このような手当はどんどん手厚くなる方向でしょう。今この環境で育児関係の手当を削減しようなんて政治家が言えるはずもなく、ぼーっとしてるだけで勝手にキャッシュフローが増えていくことも期待できます。P&Gの将来キャッシュフローよりガチで固い予想かもw

もっとも年齢が上がって十分に月給も増えてから実行しないとだいぶ見込み額は減りますが、昨今は晩婚化が進んでいるので、これまた都合がいいし、育休直前に残業しまくるという手もあります。ここまでパズルのピースがズバズバはまる感覚は中々ない。


とまあ、こんな具合でなるべく働かないで暮らしたいリーマンの人は、株で儲ける以外にも結婚して子供に囲まれて楽しく暮らすという方法もありますよ。

♯まあ育休を3回も会社に請求するなんて、「サラリーマン事業」は自分にとって副業で将来は切り離す、と覚悟完了してないと出来ないですけどね。

2017/03/14

確証バイアス

投資において気を付けないといけない心のバイアスはいくつかありますが、その一つに人は常に自分に都合のいい情報ばかり集めては一人で安心してしまう「確証バイアス」があります。
特にインターネットは自分の考えを肯定する情報が常に見つかりますので、ある意味最悪な環境です。

私も投資は外国株中心のため、それ関係のニュースとかブログばかり見たくなります。
逆に銀行預金とか日本株の話なんかはスルーしがちですが、そんな時は我に返って、そういう話を意識して見るようにしています。

もっとも見たところで共感することは少ないのですが、私なんかが共感するしないに関係なく、そういう人の言う通りのことが過去に起きていたことは事実です。

例えば、投資家界隈や政府は日本人は貯蓄から投資へとか啓蒙してますし、私も基本そう思いますけど、リーマンショック時のwinnerは、ほぼ全額を円預金してた日本の高齢者でした。

また昨今は外国株が流行っていますが、アベノミクス以降、世界中で最もパフォーマンスが高かったのは日本株でした。(このような事実から目をそらしたくなる感情を認知的不協和といいますが、それはまた別の記事にしたいと思います。)



あと、人にはこういうバイアスがある、と考えてたら一つ思いつきました。

相場が上がりだすと世間には楽観的な情報が溢れかえり投資家はそんな情報シャワーを潜在的に受け続けます。

そうした投資家の脳内でひとたび「騰がるかも!?」とスイッチが入ってしまうと、その時それを確かめる情報は無数に見つかることになります。

するとそのアイデアは確信に変わって実行され、おまけに自身までその類の情報発信者に回ってしまいます。
結果、相場はポジティブフィードバックして拡散しやすくなります。

このような相場の悲観・楽観の偏りを示すブルベア指数も既にあって、「このくらいなら天井」「ここらまでくると底値」とかいう水準もあるそうですが、この指標、天井のタイミングは怪しそうですけど、底値はソコソコ当たりそうだと思ってます。

天井圏は売って儲かった人は調子に乗ってまたすぐ参戦してくるので意外に長持ちしそうですが、底値圏で損した人は満身創痍で弾がない上にご傷心で、そこで打ち止めになるからです。

ここまでキャッシュを温存できたら儲けるのは簡単ですが、そもそもここまで温存できる人は投資なんかしない人なので、ここでも買わないのは投資のジレンマです。

つまり普通の投資家は変なところで手を出して大損するし、一般人はそもそも株なんかに近づかないので、結局どちらにしても儲からないことになりやしないでしょうか。

こんなことも日本の「株は儲からない」という通説の根拠のひとつな気がしてきました。

この記事に関連するエントリは「投資家心理」で検索してください。 

2017/03/12

パートタイム

投資家は資本主義社会の食物連鎖の最上位、いわばライオンのようなポジションです。

とは言えそれなりに気苦労はあるんですが、それでもこの立場のみで暮らしていると、いつの間にか上から目線になってしまいます。「この社長バカだな」とか「この会社まだこんな事業で消耗してるの?」とかいう感じです。

自分は何一つ手を汚さず、汚しても他人よりうまくやる能力もないくせに、いつもこんなことを思っていると、そのうち「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」的な勘違い発言や、老害チックなことを言い出します。

また上から目線が染みついた結果、世間と感覚がズレてきて本業である投資にも悪影響があるかもしれません。



そこで私はたとえ投資収入だけで生活できたとしても、あえてパートタイムで働きたい。これで底辺目線を補充すれば投資成績も上がる気もします。

私の知人に20年くらい前にプリクラ(←この単語今の若い人に通じるだろうか・・?)で一山当てて、数億円の資産を築きながらも派遣社員として倉庫で働いている人がいますけど、なんかすごい楽しそうです。
派遣社員の自宅にフェラーリとかランボルギーニとかたくさんあって笑えます。

それに働くにしても他に安定した収入があると気も楽というものです。
例えばコンビニで店員でもやるとして、急に休みたくなったとします。

店長に「やすみま~す」とラインしたら、「休む時は自分で代わりのスタッフを見つけるルールだろ!!」とか言われるかもしれません。

そんな時、「それはマネージャであるあなたの仕事です」と真顔スタンプと共にびしっと返してみたいw

当然クビでしょう。上等です。



ここまで読んで「おまえ人生なめてんだろ」と思いました?

そうなんです、よく言われます。

2017/03/05

大風呂敷

先日ネットで「イーロンマスクのゴール設定がヤバすぎる」という記事が話題になっていました。
ソースはどこだか知らないけどこれは愉快。大風呂敷といえばソフトバンクの孫社長ですが上には上がいたかと(笑)

イーロンマスクと言えばテスラで電気自動車を普及させようとか、宇宙旅行を一般化しようとか、人類の偉業を成し遂げつつある人ですけど、なるほどゴール設定がこれなら、彼にとっては今はまだまだ達成率1%くらいなんでしょうか。

いや、むしろそこまでのゴール設定をしているからこそ、いま既にここまで出来ているとも言えるやもしれません。



! いいこと思いついた



仮に人は目標の1%しか実現できないとすると、目標を100倍にすればいいんじゃないでしょうか!?

例えば書籍やブログで「株で1億円」というのキーワードをよく見ますけど、ここはケチケチせず、どーんと「株で100億」にしませんかw

だって人間、1億貯めようなんて考えると「いつかは会社で役員に!」とかショボイこと思いつくかもしれませんけど、100億だと、もうそんなこと考えない。そんな次元で生きてないw。

100億だと起業するか投資するしかないから、考え方のフレーム自体が変わってくる。その思考法で行動していけば、仮に目標の1%しか達成できなくても、1億くらいなら達成できるじゃないですか。



ということで私も目標を再設定して、今日からこのブログでは株で1兆円を目指すことにします(笑)

早速これまでのCAGRから計算してみたら180歳くらいには達成できそう(^^)。死んでるか。

でもまあなんとかなるんじゃね?
私、これまで出来そうと思ったことは大抵出来てきたんです。この過去記事のコメントを頂いてから9年。コメントくれた方はもう見てくれてないと思いますが、意外に早くたどりつくこと出来ました。

2017/03/02

代理人カード

銀行の振込手数料を無料にする方法はいくつかありますが、今回はその一つである「代理人カード」を紹介します。

代理人カードは本人以外に発行されるキャッシュカードで、これをもらった人は本人同様に口座から現金を出し入れできます。

想定される利用シーンは夫の口座から生活費を引き出したい妻とか、別居している子供に仕送りをする親などです。

ただし海外の銀行によくあるジョイント口座とは違い、口座が共有財産になるわけではないので、例えば口座名義人が死亡した場合などはおそらく凍結されるでしょうし、相続の分割対象にもなるんじゃないでしょうか。

たいていの銀行では対応してるので、窓口で手続きすれば1週間くらいでカードが送られてくると思います。なおそのカードの名義と暗証番号は本人とは別の新しいものです。

今まで無駄に振込手数料を払っていた人は一考の価値ありだと思います。