2017/03/23

変化する勇気


ウォーレンバフェットがアップルと航空株を買い増したと聞いて、過去の自分の発言をあっさり反故にできるのはやっぱりすごいなと思いました。

人には認知的不協和という感情があります。自分に不都合な真実に触れてしまった場合、人は気分が悪くなります。

たとえば投資で数ある理論のうちの一つである「インデックス投資は長期では個別株投資よりも圧倒的に有利である」という説しか知らない、または固く信じている人がいたとします。

その人が長期の個別株投資でインデックスを上回っているバフェットの実績を見たり、日本株の30年チャートを見たりしたら気分が悪くなったあげく、それは偶然だと一蹴するでしょう。こういうのも認知的不協和の例です。いわば認知症。

認知的不協和は、サンクコストでも述べたように、これまで認知してる対象にのめりこんで来たほど強くなるでしょうし、長年言ってきて、ましてやそれで成功体験まで積んでしまっては後に自分の意見を変えるのは至難の業でしょう。

それを御年86歳でさくっとやってのけるバフェットの柔軟性は見習いたい点です。

この記事に関連するエントリは「投資家心理」で検索してください。

2017/03/20

バックミラー

ネット時代になって株の世界の「早耳」なんて言葉はすっかり死語になり、投資においてはプロのアドバンテージは昔ほどは無くなったと思います。

もちろん何事においてもプロというものは豊富な実例に裏打ちされた情報の咀嚼力や対応スピードでアマの考えの及ばない境地にあり、一目置く必要があるのですが、それが生み出す運用成績の差はインターネットによりだいぶ小さくなったんじゃないでしょうか。

そもそもある企業について最も事情通なのはその会社の社長ですが、その社長が出した来期予想でさえよく外れます。

社長がその程度なんですから、公開された情報しか持ってない投資家の業績予想なんてプロでもアマでも根本的には占いレベルというものでしょう。

そのため、私は予想よりも過去に社長が言った事とやった事の違いの方を重視しています。

ウォーレンバフェットは過去を重視して投資することを「バックミラー見て運転するようなもの」とダメ出ししてましたけど、すいません、私は前はチラチラ見ながらも、やっぱりバックミラーを重視します(;´∀`)。

ただ、私がまだバフェットの言っていることを理解することもできないほど株の素人なだけだとは思います。以前、一周回って同じ結論に至った事があったので・・・。


米国株では、その「言った事とやった事」の結果の履歴が赤裸々に見れて便利なんですけど、日本株と中国株で同様によくまとまっているサイトはないもんですかね。

※米国株でそれが見れるサイトはこちらのEarnings History です。
http://finance.yahoo.com/quote/JNJ/analysts?p=JNJ。